人生の岐路で後悔しない為には?『後悔しない超選択術』レビュー

sentakujutu

人生は選択の連続です。

人は一日で70回の選択を行なっているそうです。

毎日の小さな選択から人生に関わる大きな選択まで、後悔しない為の選択術があるとしたら…?

Daigoさんの本、『後悔しない超選択術』を読んだのでレビューしたいと思います。

何かを選択するとき、「後悔するのではないか」と漠然とした不安を感じるのは、多くの人が無意識のうちに焦りや衝動に影響された意思決定を繰り返しているからです。

では、後悔しない選択をする為にはどうしたら良いのでしょうか。

10-10-10テクニック

10-10-10テクニックというのは、

重要な選択をしなければならないときは、この選択をしたら10分後に自分はどう変わるのか。

この決断をしたら10か月後に後悔しないかどうか。

この道に進んだら10年後に自分は幸せになっているかを考えなさい。

というもの。

人生を左右するような選択をするときは、衝動や欲求、目先の利益に影響されない為に、短期、中期、長期の3つの未来の視点から選択肢を見極めることが大事なんですね。

このように、この本では選択に関わる様々な方法が提案されているんですが、実践してみたいなぁと思った方法がこちらです。

一日再構成法

一日再構成法とは、

簡単に言うと、一日のうちに行った選択の中で、自分が本当に幸せを感じた選択はどれだったのかを記録し続ける方法です。

裏を返せば、自分にとって何が価値ある選択だったのかを見返すことで、「後悔しない選択」をするために何に注意を払えばいいかわかるようになります。

細かい記録方法は本の通りですが、ポイントは快楽とやりがいを分けて評価していくところ。

快楽だけの選択はいずれ虚しくなりますし、やりがいだけの選択は人生を息苦しくさせます。

いくつかのポイントに沿って一日を記録していくことで、自分にとって本当に幸せを感じる選択とは何かを見極めていく方法だそう。

確かに、快楽とやりがいのバランスが取れた人生が正に理想ではあります。

やる前は憂鬱だったことも、終わってみれば達成感や心地よさを感じることって、実は意外とありますよね。

思い込みに振り回されず、自分がやりがいや幸せを感じることは何なのか?見直すことができそうです。

コアバリューノートで自分の価値観を書き出す

まず、自分が人生で大切にしていきたいことを1つ書き出します。

「家族との時間を大切にしたい」

「充実した仕事をしたい」

「穏やかに過ごしたい」

人それぞれ違いはあると思いますが、自分が人生で大切にしていきたいことを基準にし、ポイントに沿ったノートを付けていくことで、自分にとって最も大事なことが意識出来るようになり、選択時の基準が確立されます。

何が自分の人生のコアバリューかを常に意識することで、感情的な判断に流されることがなくなり、後悔しない選択が出来るようになるのです。

 自分が今一番大事にしたいことって何でしょう。

忙しさに紛れて目の前しか見えなくなっているとき、思い出してみるといいかもしれません。

実践的な方法が盛りだくさん

この本の良いところは、読んだだけで終わらせないところかと思います。

心理的や、実践的なアプローチが盛りだくさんで、全てこなすには大変ですが、自分が気になったところだけでもピックアップして続けていけば、必ず腑に落ちてくる瞬間はあるのかなと思います。

後悔しないことも大事だけど…

以前、こんな記事を書きました。

www.tadamemo.com

ドラマの中の登場人物の言葉ですが、

お前はこの瞬間から、どんな選択をしてもいいんだ。

お前がどんな家で生まれたとか、どんな人生を送ってきたとか、男だとか、女だとか、そんなことは関係ない。

自分がこれからどうあるべきか、自分に良く聞いて、自分で決めろ。

どんな困難にぶつかったって乗り越えられる。

大切なことは、どんな選択をするかじゃない。

自分が選択した人生を、強く生きるかどうか、ただそれだけだ。

 後悔しない為に準備するのもとても大事です。

ですが、自分の選択した人生を信じ、強く生きることが一番大事なことなのかもしれません。

ただめもでした!

スポンサーリンク