【オススメのレシピ本】藤井恵さんの体にいいごはん献立

f:id:tadamemo:20181007113832j:plain

毎日の料理メニュー考えるの、面倒ですね~。

私は基本的に、何かのメニューの為に食品を買い揃えるっていうことはしないんですが(食材費が高くなってしまうので)、そうするとある食材で料理しないといけなくて、例にもれずクックパッド様にはお世話になってます。

クックパッドに限らず、オレンジページでも、今日の料理でも、クラシルでもナディアでもいいんですが、ほんとに便利ですよね。

料理本なんてなくても料理、出来ちゃいます。

そんな中、久々に料理本買ってみたいなと思って本屋を眺めていた時に、この本が目立つ所に置いてありました。

藤井恵さんかー。

本を昔買ったことがある。

3分クッキングによく出ている人だ。

そんな程度の認識しかありませんが、この本がかなり良かったのです。

献立でメニューが載っている

 メインの料理が決まったとしても、副菜を考えるのが面倒だったりするんですよね。

私は和洋中がメニューの中に混ざったとしても一切気にしないので、そういう意味では苦労しませんが、それでも青菜がないから何か足さなきゃ…とかぐるぐる考えるのが面倒だったり。

でもこの本には、ある程度献立がバーン!と提案されているので、それに沿って作ってしまえば本当にラク。

しかもタイトルにある通り、体のことを考えられたメニューになっているのでバランスもとてもよし。

献立を考えるのが面倒な人にもオススメです。

副菜レシピが35品載ってます

さらに献立にアレンジを効かせたい場合、副菜のレシピも載ってます!

とても親切。

腸活にもオススメ

そしてこの本のいい所は、腸に良い食材を使ったレシピが載っているところ。

具体的にあげると、海藻、ねばねば食材、きのこ、発酵食品などのこと。

この本は朝の献立、夜の献立が提案されているんですが、主に朝に摂るのが良いということで、朝の献立に腸活レシピが載っています。

実際1週間試した所、本当にお通じが良くなった。

今まで腸に良い食材って改めて考えたことがなかったので、それはすごく良かったです。

メニューを決める上で意識するようにもなりました。

料理の基本が書かれている

だしの取り方、下ごしらえの仕方など、数ページではありますが手順が書かれています。

忙しい時にはこんな方法で下ごしらえしておくといいよ~っていう感じで。

きのこをまとめて塩蒸しにしておくっていうのは良かったです。

酒と塩で蒸しておくだけできのこって美味しくなる!

さらに色んな料理に使えてアレンジも効く。

ちょっとしたひと手間が、すごく美味しくなるんですよね、料理って。

ちょっとしたひと手間が良い

そのちょっとしたひと手間がネットのレシピでは省かれていたりすることが多いですが、それが手順として載っているのも良いです。

いりごまを使う時、すりこぎで潰すだけじゃなく、包丁で切って切りごまにしたり、指でごまをひねって加えてみたり。

鶏肉を照り焼きにする時も、下ゆでしてからにするとすごく美味しいんです、身がふわふわで。

料理のベテランの方なら当たり前の知識であったとしても、私のような普段手抜き型の人なんかには、改めて試してみると一味変わるな~ってすごく納得できました。

まとめると

料理本て2~3品作って放置してしまうことが多かったんですが、この本は7割のメニューは作りました。

単純に美味しかったから。

  • 腸活にも良い
  • 野菜がたくさん摂れる
  • 献立を決めてくれている
  • 料理の初心者に方にもおすすめです!

スポンサーリンク