相手に期待しないこととか2019年の抱負とか

oomisoka

今週のお題「2019年の抱負」

私、マツコが大好きなんですが、昨日マツコと有働さん、大江麻理子さんが出ていた番組を見ていて、すごく大江麻理子さんの言葉が気になったのです。

大江さんが何度も言っていたのは、「私、仕事以外は何がどうなってもいいんですよ」。

これは投げやりな訳ではなくて、

どういうことかというと、相手に期待を全くしないので、旦那さんとも全くケンカをしないそう。

とにかく何かに執着するということがないそうで、すごく肩の力が抜けた自然体な人なのだなぁと思いました。

相手に期待しない

期待するということは、自分の価値観を押し付けるということ。

私はこうしたのだから、相手もこうしてくれるはず。

そんな風に、自然と期待するからこそ自分の思い通りにならないと落胆しますし、

逆に期待しなければ、相手の行動が思いがけなく嬉しく感じたりするのかもしれません。

客観的な視線を持つ

また、話の中で大江さんは常に客観的な視線を持つようにしている、という話もしていました。

この場ではニュースを客観性を持って伝えたい、という内容でしたが、普段の生活にも言えるなーと思いました。

客観性を持つことで、感情に流されている自分に気付いたり、自分が置かれている状況に対して冷静に考えることが出来るでしょう。

でも人間だからなかなか難しい時もあるよねー、ということを、ふと番組を観ていて思いました。

来年の抱負とか

それで、話が変わりますがそもそも来年の抱負がお題でした。

フットワークの軽い人になりたいですね。

フットワークを軽くしたい、っていうのは石橋を叩き過ぎる自分にはけっこうハードル高いですけど、世界を広げるということでもあります。

来年はそんな年にしたいです。

そんな感じで、今年は終わりたいと思います。

来年は、ブログももっと気軽に更新したいですね。

スターやコメント、読者登録などとても嬉しく思っています。

ご覧いただきありがとうございます。

寒さが厳しくなってきていますね。

暖かくして、良い年をお迎えください。

スポンサーリンク