送り迎えしたら狭山茶きんつばゲットした!

maiko

やっほーい。

このところ何回か(と言っても2回だけ)、出張する夫を駅まで送り迎えしていたんだけれど、今日その案件が終わったので「送ってくれたからきんつば買ってきたよ~」とお土産貰ったよ!

お土産付きならいくらでも送るよ!ありがとう!

しかも私の大好きな抹茶!わかってらっしゃる。

実・食!

kinntuba

あんこの後に、薄皮の抹茶がほんのり香って美味でございました。

塩豆大福のナンバー1は譲れないが、きんつばも好きな和菓子。

なんで和風のイラストなのかというと、きんつばの生まれた由来から。

きんつばってこんなお菓子

江戸時代に生まれたきんつばは、元々丸い形をしていて刀のつばの部分に似ていたからぎんつばと呼ばれるようになったとか。

最初は米粉で作っていたので色がつかず、銀つばだったけれど、後に小麦粉で作られるようになり、黄金色になったので金つばになったとか、銀より金の方が上なのできんつばになったとか、そんなことらしい。

へー。

江戸時代の事を調べてみるのも、面白そう…!

 とそんな事を考えていたら和風イラストが描きたくなったのです。

飾りを描くのが楽しかったー。

きんつば、ごちそうさまでした!

スポンサーリンク