三國万里子さんの世界【Miknits】

mikuni

書店でウロウロと本を見ていたある日、ふと一冊の本が目に入りました。

編みものワードローブ

この、編みものワードローブという本。

なんだか、表紙を見ただけでときめいてしまったのです。

それが、私と編みものの出会いでした。

全く編みもののあの字も分からなかった私は、本とにらめっこし、時にはYouTubeを使い、編み方を調べて、三國さんの本のミトンやマフラーを編みました。

次第に編みものにハマってしまい、海外から美しい毛糸を取り寄せ、Ravelryという海外の編みものSNSで英語パターンをダウンロードし、セーターやショールを編みました。

英語のパターンはとにかく難しくて、本で調べたり、またしてもYouTubeを駆使したりして、大変だけどとても楽しかったのです。

日本の毛糸にはない、海外の美しい色合いの毛糸は高かったけれど、届いた時の嬉しさは何とも言えないものでした。

Miknits

そうして、一通り編みものの熱が私の中を通り過ぎて、編み棒を手にすることはなくなってしまった今でも、Miknits(ミクニッツ)はたまに覗きます。

Miknitsは、ほぼ日内のコンテンツで、三國万里子さんのショップです。

毎年秋口にオープンし、夏前に閉まります。

秋のオープンになると、買い物する訳でもないんだけれど、デザインを眺めたくてたまに訪れます。

編みものって、ハマる前はイマイチ野暮ったくてダサいものだと思ってました。

でも、三國さんのデザインは違いました。

 

niigata

出典:https://www.1101.com/store/miknits/

モダンなマフラーや、

 

nit

出典:https://www.1101.com/store/miknits/

お洒落なセーター、

 

cap

出典:https://www.1101.com/store/miknits/

このニットキャップもめちゃくちゃ可愛いし、

 

miton

出典:https://www.1101.com/store/miknits/

こんなにキュートなミトンまで。

(その他にも色々あります)

新しく生み出されたデザインを見る度に、素敵だなぁ…とため息を吐いてしまいます。

あ、ため息はそのお値段にも…

なかなかヒョイと買える値段ではないんですが、Miknitsではカーディガンとミトンを編みました。

 

miton

どうですか、この色合い!

コーヒー豆の柄がお洒落すぎる。

大切に使っています。

そういえば、イラストで身に付けているのは、編みものこもの

に載っている、木の実のミトン。

この本も、可愛くて可愛くてやばいです。

 

出来れば、上のMiknitsのニットキャップはずっと編みたいと思っているんだけれど、なかなかもう編み棒に手が伸びません。

いつかまた、老後に編みものをゆっくり楽しめたらいいかな。

それまで、収納ケースを丸々占領している毛糸や道具たちは取っておこう。

これからも、三國万里子さんの世界を追いかけて行きたいと思います。

 

www.1101.com

スポンサーリンク