一番暖かい布団の敷き方!毛布は結局上?下?

huton

ここ数年、毛布は上に掛けるのがいいとか、下に敷くのがいいとか、情報が色々ありましたよね。

ですが我が家では、毛布は今まで普通に肌の上に掛けていました。

ふかふかの敷きパッドがあったので、それで事足りていると思ってたんです。

でも先日、敷きパッドの乾きが悪くて、そういえば毛布を敷くと暖かいんだったよねー、と今更ですが毛布を敷いてみました。

すると…

!?

とんでもなく暖かい!

毛布を敷くだけで、こんなに違うとはビックリです。

毛布は下に敷くのがやっぱり暖かい

敷きパッドを敷いていたけれど、底冷えするというか、「寒い…」という思いは消えませんでした。

それでもそのまま使っていたのは、まぁこんなもんでしょ、と思っていたから。

でも、毛布を敷くことによる暖かさは、上に布団を何枚も重ねるよりも余程効果があります。

下からの冷気はシャットアウトし、体の熱を受け止めてくれるので体感温度が全く違います。

さらに、ラベルの付いている表側の方が毛足が長いので、体に直接触れる時は表側を上にするのがベストです。

毛布を掛ける場合は

羽毛布団は体温を感知し膨らみ、保温効果を発揮します。

ヒートテックみたいなものと考えれば納得。

なので羽毛布団の場合は、布団の上に毛布を掛けるのが良いんですね。

逆に綿布団にはそういった効果はないので、肌触りの面などを考えても、毛布の上に布団を掛けるのが良いですね。

ちなみに私は、毛布を敷いて、さらに上にも掛けています( ´_ゝ`)。

寒さにタエラレナイヨ…

ただ、やり過ぎると逆に蒸れる可能性があるので、体感温度によって調節したいですね。

まとめ

なんとなく、まぁ毛布は上でしょ…と毛布を敷いていない私のような人がいたら、是非下に敷いてみて下さい!

暖かさが段違いだと思います。

ただめもでした!

スポンサーリンク