洗濯層の掃除には酸素系漂白剤!カビがびっくりするくらい取れるよ

sentakusou

洗濯物を干す時、ゴミのかすのようなものが付いていたことはありませんか?

実はそれって洗濯槽のカビ汚れなんです。

洗濯槽クリーナーは塩素系で様々な商品が販売されていますが、一番効果が実感できたのが酸素系漂白剤でした。

今回は酸素系漂白剤で掃除してみた体験談をつづっていきたいと思います。

ゴミ取りネットなどは最初に取り除き、掃除しておく

余計なものは取り外して、戦闘態勢に入ります。

ゴミ取りネットは使い古しの歯ブラシなんかでキレイにしておきます。

さて、いよいよ洗濯槽の掃除に入りましょう。

まずお湯を準備する

酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)は酸素を出しながら漂白する為、お湯の温度が高すぎればすぐに酸素を出し尽くしてしまい、効果が落ちます。

かといって低すぎても効果が薄い。

じゃあ一体何度ならいいの…??

50℃が一番効果が良く出るらしいですが、そこまで熱いお湯を用意するのも大変だと思います。

私は少し熱めの温度(42℃)にお風呂をわかし、そのお湯を使いました。

結果、十分に効果を発揮してくれましたよ~。

お湯を洗濯槽ギリギリまで投入する

なるべく上の部分まで掃除したいので、用意したお湯を洗濯槽のフチぎりぎりまで投入!

ちなみに我が家はバケツでせっせと移しました…

お湯が洗濯槽に入ったら、いよいよ酸系漂白剤を投入!

ネットで調べてみると1回で500g使うとのことでしたが、残りが300gしかなかったのでそちらを全て洗濯槽にIN!

結論から言うと、バッチリ汚れは取れました。

酸素系漂白剤を入れたら、1回だけ洗濯機を洗いモードで回す

洗いモードをぽちっとな。

もちろんここで排水してしまっては苦労が水の泡ですので、洗いをかけた状態で汚れが浮いてくるまで放置します。

5時間置いたとか、一晩置いたと色々な情報がありましたが、もう漂白剤を入れた瞬間からカビがどんどん浮いてきました(゚Д゚;)。ヒィッ

5時間ほど放置

そのまま念のため5時間くらい放置。

さてこの浮き出したカビを取るために、金魚をすくう網を用意します。

満を持して、いざ蓋をオープン…!

浮き出たカビをすくう

今までこんなに汚い洗濯槽で洗っていたのか…というほどの、おぞましいカビが浮き出してきました。

結構メンタルに来ます。

投げ出したくなりましたが、そうもいかないので用意した網で何とかすくいとります。

洗い→カビをすくうのを繰り返す

カビが発生しなくなるまで、ひたすらこの作業を繰り返します。

おそらく8回ほどはしつこく回しました。

それでやっと水が透明になりました。

まとめ・洗濯槽の掃除は定期的に!

前回掃除してから1年ほど放置していた為、とんでもない量のカビが発生してしまいました。

仕事が忙しくて暇が(←言い訳です)。

洗濯槽の掃除は、せめて数か月置きにやるようにしたいものです。

地獄を見るよ!

_| ̄|○

スポンサーリンク