手荒れに一番効いたのがワセリンと使い捨てビニール手袋でした。

teare

冬もそろそろ終わりが近づいてきているのかなぁと思いますが、なかなかなくならない手荒れ。

最近は洗い物の際、ゴム手袋をしているので以前よりは落ち着いていますが、どうしても手の平に切り傷がたくさん付いたような荒れ方が続いていました。

地味に染みるし痛いしで、何とかならないものかと考えつつ。

ハンドクリーム+綿の手袋は何度かやってみたものの、正直そんなに劇的に効果はなかったなぁと考えていたところ、ワセリン+ビニール手袋が効果的という情報を見かけて試してみました。

二日で完治

1日目、寝る前に手をワセリンをたっぷり塗り込み、手袋を装着!

次の日起きてみると。

おお…傷口がくっついてる!

ただ、酷使すると開きそうな危うい感じはある。

という訳で、二日目も実施。

あっという間に完治しました。

ビニール手袋によって保湿状態が保たれる為かしっとり。

ワセリンの効能

ワセリンは皮膚に油性の保護膜を作り乾燥を防ぎ、低下した皮膚のバリア機能を補ってくれるんですね。

クリームなどに含まれる界面活性剤は皮膚の角質層を溶かして壊すので、界面活性剤を含まないワセリンは安心して使うことができます。

ただワセリン自体には保水効果はないので、日頃のお手入れもした上で併用するのが良さそうですね。

一緒に寝る前に唇にも湿布しましたが、唇の荒れもあっという間になくなりました。

ただ、続けないとまた荒れだすのでやっぱり何事も続けることが大事なのかも。

今後、手荒れのマストケアになりそうです。

ただめもでした!

スポンサーリンク