主婦湿疹に優しい食器洗剤洗剤!サラヤのヤシノミ洗剤がオススメです。

f:id:tadamemo:20181107140117j:plain

私、季節でいうと夏が好きです。

寒さに弱いというのも原因のひとつですが、何よりも冬の手荒れが辛すぎる。

いわゆる主婦湿疹(手湿疹)と言われる手荒れがひどくて、指先が真っ赤になりウロコ状に割れたりもしました。

でも、主婦ならば皿洗いからは逃れられません。

であれば、成分が優しい洗剤を使うしかない…と考えて、使い始めたのがヤシノミ洗剤でした。

界面活性剤が手荒れを起こす

食器洗剤に含まれる界面活性剤は、タンパク質変性を起こします。

人間の肌はタンパク質で出来ている訳で、そのタンパク質を変性させることで手荒れが起こるんですね。

ならば、あの無添加石けんなら界面活性剤が含まれないのでは?と、早速購入後チャレンジ。

成分は、なんと水と純石けんだけ。

これならば、荒れる訳ないよね…!と意気込んで使ってみましたが、

泡立ちが悪い。汚れ落ちがマイルドすぎる。

すなわち、洗っている最中にもどんどん洗剤を足さねばならず、コスパが非常に悪い。

ボトルも小さいからなくなるの早いしね。

地球にもお肌にも優しいからとてもいい商品だと思うけれど、個人的には実用性がないと判断しました。

そして、次に使ってみたのがヤシノミ洗剤です。

界面活性剤の含有量を調べてみると、例えばキュキュットは37%、対してヤシノミ洗剤は16%となっています。

これは…お肌に優しそう…!

泡立ちや、使い心地は?

やはり普通のジョイやキュキュットに比べれば泡立ちは劣りますが、でも必要充分だと思います。

油汚れに関しては、若干ヌルつきが残る場合も。

でも丁寧に洗って行けば気になるほどではないですし、何よりも手荒れが良くなった。

ごわごわのウロコ状だったのが、皮むけは残るものの、すべすべになってきた。

その快適さを知ってしまえば、もう刺激が強いものには戻りたくありません。

皮膚科に行って薬を貰っても良くならず、「結局は生活習慣でなるものですから、冬が終わるのを待つしかないですね」と言われた時の絶望感…orz

だったら、荒れない様に対策を取るしかありません。

ゴム手袋すればいいじゃん

そう思って私もゴム手袋を買ってきて、しばらくはつけて水洗いするようにしてました。

でもね…めんどくさい…!!

調理中に出た汚れ物をさっと洗いながら進みたいのに、ゴム手袋つけたり外したりはかなり面倒。

ずっとゴム手袋をつけているのもやりづらい。

慣れなのかもしれませんが、私はダメでした。

ハンドクリームをまめに塗る

食器洗剤を変えてまず荒れる原因を少しでもマイルドにする、というのは正解だと思います。

あとは、洗面所や台所など水場全てにハンドクリームを置き、すぐさま手に塗り込むという方法を取っている方もいるみたいですね。

ハンドクリームでは、ド定番ながら今の所尿素配合のコレが自分の中でベストです。

手に塗り込んだあとにベタベタが続くものだと、家事する際にも気になりますよね。

このハンドクリームはベタベタせず、保湿も続くので気に入っています。

まとめ

洗剤を変えたくらいでそんなに変わらないでしょ、と侮るなかれ。

生活習慣というだけあって、毎日地味に繰り返され、蓄積されていくダメージは大きいもの。

手荒れに悩んでいる方は一度使ってみては?

以上、ただめもでした!

スポンサーリンク