レンジでゆで卵を作る方法が便利すぎる

f:id:tadamemo:20181024160422j:plain

ゆで卵って、作るのが微妙に面倒だったりしませんか。

特にひとつだけおやつ代わりに食べたい時、一個だけお湯を使ってゆでるのは面倒だし、ガス代が勿体ないような気もする。

レンジで茹でる方法とかあるのかな…?と思ったらありました~!

 卵をアルミホイルで包む

まず、卵をアルミホイルで包みます。

卵をホイルで包むことによって、レンジのマイクロ波を受けても爆発しないらしい。

目玉焼きとかも、レンジの秒数を調節すればできますが、破裂しちゃった時の庫内のお掃除、大変ですからね!

アルミホイルさまさまでございます。

あ、ちなみに卵の底の部分に包丁の角の方を使って小さなヒビをいれると、後でとっても殻がむきやすいです。

マグカップに水を入れて卵を浮かべてからチンする

tamago

こんな感じです。

レンジで加熱した後は、かなり水分が減るので結構たっぷり目に入れたほうが良いですね。

とりあえず私好みの過熱具合は、600wで10分がちょうどいい感じでした!

この辺は何度か試してみて、お好みの硬さを見つけるのがいいですね~。

そして、過熱が終わったら取り出す時気をつけて下さいね。

カップがめちゃくちゃ熱くなってます。

こんな感じになります

yudetama

見よ! 

 この硬すぎず柔らかすぎずな半熟具合。

あ、白く映ってるのはお塩ですけどね。

この硬さが私的にはベスト。

何かにかけて潰すならもっと半熟でもいいけど、ゆで卵として食べたいので。

お湯でゆでる時は

レンジでゆで卵を作る記事ではありますが、めちゃくちゃ便利なサイトがあったので是非見て下さい!

お湯でのゆで時間によってこのぐらいの硬さになるっていうのが全て写真で載ってるの。

お湯で作る場合はこちらを参考にすれば好みの硬さが作れるよ!すごい便利!

oryouri-matome.com

ゆで卵を作ろう!

さあ、さっそくゆで卵を作りましょう♪

卵は栄養的に完全食と言われていて、美味しい、ラクチン、言うことなし。

以上、ただめもでした!

 

スポンサーリンク